ビットコインの送金 - ここに気をつけて!ビットコイン送金

ビットコインの送金

ビットコインを入手したあとには、送金が必要になることが非常に多いですが、これに苦労しているユーザーも多いです。
知っておきたいビットコインの送金の基本や注意点などについてご紹介していきましょう。

▼ 目次

ビットコインの送金とは?

まずビットコインの送金について、これは銀行などでやる送金とほぼ同じ意味です。
どこかに入っているビットコインを、別の場所へ移動させることですね。
ビットコインはウォレットという専用の口座で管理しますから、送金するときはあるウォレットから別のウォレットへの移動になるのが一般的です。

ビットコインの送金方法

この送金をどうやるのかというと、実は自分でやります。
ビットコインはユーザー達が自分で管理する仮想通貨になりますから、送金も基本的には自分でやります。
やり方は簡単で、どこかへビットコインを送りたいとき、そのメニューを開くと送り先を指定する欄がありますから、そちらに送り先を入力するのが基本です。
あとは送りたいビットコインの数量等を指定して決定すれば、それで送金手続きは完了です。

このように非常に簡単に送金できるのですが、このときの注意点として、送り先の入力は手入力しないことが基本となっています。
ではどうやるのかというと、これらはPCやスマホなどを使って操作するのが基本ですから、基本的にコピーと貼り付けができます。
これが確実性が高いため、送金時の基本となっているのです。
実際のところ、ビットコインの送り先の情報を手で入力するのは非常に難しいため、最初からコピーと貼り付けを利用している人の方が多いくらいです。
これは手間を省くためという意味もありますが、送り先を万に一つも間違えないためといった意味もありますから、初めて送金するときなど、必ずコピー機能を使ってください。

もう1つの方法としてQRコードを読み込むという方法もあります。
これは主にスマホでできる方法ですが、ビットコインのアドレスはQRコード化もできます。
これを読み取ることで、アドレスを入力する方法もあります。
これもコピーと同じくらい、アドレスを間違えにくい方法です。
手間もかなり省けますから、積極的に使いたい方法ですね。

このような方法でビットコインの送金手続きは自分でもできるのですが、これを初めてやってみるときは、まず少額で一度試してみるのもおすすめです。
仕組みとしては送金の方法などはわかったとしても、実際にやってみるのとでは感覚が違いますよね。
また、方法を間違って理解していることもありますから、一度試しに送金してみることで、イメージ通りにできるかがわかります。
このテスト送金は必須ではありませんが、実際にビットコインを所持し、日常的に送金する人からはよく使われている方法です。
初めてビットコインを入手したときはもちろんですが、たとえば初めて作ったウォレットへ送金するときや、初めて利用する取引所へ送るときなど、このお試し送金はよく利用されています。
これでちゃんと届くかどうかやってみて、方法やウォレットに異常がないか、確かめられるわけです。

送金についてこのような慎重な対応をする人が多いのは、ビットコインならではの事情があります。
これは仮想データ上のお金で、しかも責任を持って管理している組織もありませんから、送金トラブルでビットコインを失うこともあるからです。
大量のビットコインを送金して失敗したときなど、損失がかなり大きくなりますから、たくさんあるビットコインのうちの一部で試しに送金してみて、うまくいってから本番の送金をやったりするわけですね。

このようにビットコインを送金するときは、銀行などで同じ手続きをするときよりも自己責任の度合いが大きく、失敗時の損失も大きくなりがちです。
これは基本的な注意点としてよく覚えておきたいことですが、そのようなリスクがあるなら、送金はできるだけ避けた方がいいとも思えますよね。
それも間違いではありません。
不要な送金手続きはトラブルの元ですから、必要がないなら送金しないのもおすすめです。

ただ、ビットコインはどうしても送金が必要になることも多いです。
最初にビットコインを入手したときなど、取引所に作ったWEB上のウォレットに入金されることが多いでしょうが、そのままではセキュリティ上のリスクがあるため、当分使わない仮想通貨は、PCやスマホなど、自分の作ったウォレットに送るのが基本になっています。
また、これら仮想通貨は資産運用のため、タイミングを見て売却するのも基本となっていますから、そのときも取引所へ送ったり、直接取引相手に送るといった手続きが必要です。
ビットコインを運用する上で送金は必須となりがちですから、その基本的な方法や注意点などはよく確認しておくといいですよ。

さいごに

方法さえ間違えなければ、自分でやった手続きが成功し、送りたかった場所へ送金できることも多いです。
そして送り先をきちんとコピーして貼り付けたり、一度テストしてみて感覚をつかんだりすれば、問題は起きないことがほとんどです。
これらを基本的なコツとして、丁寧に送金してみてください。